西宮相続BLOG

2017年6月 1日 木曜日

貸付金(法人の役員借入金)

会社を経営されている方の場合、法人に多額の役員借入金が残っているケースがあります。
経営者個人からみると、これは貸付金として相続財産に含まれるものです。しかしながら、中小企業の場合、多額の役員借入金を個人に返済することが難しいケースがあるのもまた現実です。
役員借入金についてなんらかの対策をせずに相続が発生した場合には、現実には換金できないかもしれない財産に相続税がかかる事になります。

相続は早めの対策が肝心だと言いますが、役員借入金もなかなか短期間では対策しきれないものになります。

お心当たりのある方は一度ご相談いただければ幸いです。


投稿者 税理士法人 長沼税務会計事務所

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒662-0832
兵庫県西宮市甲風園1丁目5-7
西宮北口東洋ビル4階

ホームページを見た
とお伝えください

【電話番号】
0120-016-045

【受付時間】
9:00~18:00

【定休日】
日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら