西宮相続BLOG

2016年2月 1日 月曜日

御婿様との養子縁組

実際にあったお話の中で、今後似たような事例が増えていくのでは?と私たちが想定しているものがございます。
今日は、その事例についてお話したいと思います。

日本は昔から、跡継ぎは長男というお考えのご家庭が多くございました。
今も、少なくはないと思います。
しかし近年、少子化の影響もあり、どこのご家庭においても男の子が誕生するとは限らず、娘様が、跡取りになるケースも珍しくなくなりました。
特に家業があるご家庭などは女性が跡を取り、御婿様が、お仕事を承継されるという事もございます。

しかし、娘様が跡を取ることが普通になってきているのと同時に、離婚も今や3人に1人と、当たり前の世の中です。
娘様が跡を取り、御婿様がお仕事を承継することを見越して、経営者のお父様が御婿様を養子に入れたのだが、その後、娘様が離婚してしまい、元旦那様との養子縁組の解消について問題となっているという事例があるのです。

つまり相続税などの対策を考えて、養子縁組をする事も一つの手段ではありますが、それだけを考えて安易に養子にしてしまうのも、それまた問題を引き起こしかねないという話なのです。
これに関しては、正直「これが正しいやり方」という正解はないと思います。
ですが、今後増えていく可能性が大いにある話ではあると思うので、当事者の方は、よくよく考えていただきたいなと願っています。

投稿者 税理士法人 長沼税務会計事務所 | 記事URL

2016年1月11日 月曜日

80歳代の女性がご相談に来られたときのお話

80歳代の女性がご相談に来られた際のお話です。
自分に万が一の事があった時、相続税が発生して家族に迷惑をかけるのではないかと、気を揉んでいらっしゃいました。
せっかく元気にシニアライフを満喫されていらっしゃいますのに、そんな事で悩んでいるなんて、お気の毒です。
お話を一通り伺いまして、試算をさせていただきました。
すると相続において、相続税は発生しないであろうという事が分かりました。
分かると、その女性はホッとされて、大変お喜びになってお帰りになりました。

実はこのようなご相談者様、珍しい話ではないのです。
自分の財産がどのぐらいあるのかというのは、分かっているようで分かっていないケースもあります。
また、しっかり自分の財産について理解されている方でも、相続税の試算というのは、例えば土地は売値ではなく路線価であったり、法律がいろいろ絡んでくるので、相続税の計算は難しい方もいらっしゃいます。
悩んだり気を揉んでいないで、税理士に相談しましょう。

投稿者 税理士法人 長沼税務会計事務所 | 記事URL

2015年12月 7日 月曜日

相続を避けるために大切なポイント

相続を争族にしたくない。
誰だってこのように考えます。
そこで今回は、争族のリスクを回避するためのポイントを、いくつかお話したいと思います。

まずはご本人から、相続に対する意思を、相続人全員が揃う形でお話できると理想的です。その上で、公正証書遺言を作成しておくのがベストでしょう。
もしこの場で、意義を唱える相続人がいれば、おそらく実際の相続となった時、揉め事になるのは想定できます。
またご本人が、このようなお話をしたがらないケースも珍しくありません。
このような時は、相続人同士で大体のお話し合いをしておくとよいかと思います。

このようなお話し合いをされるにあたり、今ある自分の知識だけでは難しいケースが多いと思います。
そのような時は、長沼税務会計事務所へ是非、ご相談ください。
当事務所は相談に関しては無料なので、気軽にご相談いただけます。
実際、ご相談にいらっしゃる方は、50代・60代の方が多いですね。

また、「相続」という視野で考えたとき、再婚相手に連れ子がいる、先妻の子がいる、隠し子がいる、子どもがいないなど、事情があるご家庭がございます。
このようなケースで、争族を回避するためには、遺言書を残すというのがポイントとなってくるでしょう。
このようなご事情も、なんなりとお話ください。

また、争族にならぬよう、相続の分配をスムーズに行うためのポイントとしては、やはり現金を、ある程度持っている事でしょう。
つまり、分配しづらい財産のみとなってしまうと、それが揉めるきっかけになりかねないという事です。

投稿者 税理士法人 長沼税務会計事務所 | 記事URL

2015年11月 2日 月曜日

相続が発生する前に、ご相談ください

「自分の死後、相続税の事で、相続人である家族に迷惑をかけたくない」
「生きているうちだけでなく、死後の節税を」
とお考えのご本人。
「相続になって相続税を納入と言われても、正直困る」
「相続について、家族間で揉めたくない」
そうお考えのご家族の方。

このようにお考えでしたら、相続が発生する前に相談すべきです。
相続が発生してしまいますと、できる対策は本当に一握りです。
実際の相続となる前に、長沼税務会計事務所へ是非、ご相談ください。
当事務所は、相談に関しては無料です。

相続税対策が必要か否かからはじまり、必要であったとしても、「どのように、どの程度の事をすべきなのか」は人によって異なりますから、私たちも相談者様と一緒に親身に考えていきます。
長沼税務会計事務所は、45年の歴史ある事務所です。
経験も実績も豊富ですが、それ以上に自慢なのが、スタッフの数が多く税理士も6名在籍している事です。
税理士によって、考える相続税対策は異なるものです。
当事務所であれば、その異なる意見を集約し、一番良い形へとまとめあげて行く事ができます。
お気軽に、ご相談ください。

投稿者 税理士法人 長沼税務会計事務所 | 記事URL

2015年10月 5日 月曜日

相続など、自分には関係ない?本当にそうなのでしょうか?

「自分には財産なんて、大して無いから」
「うちの家族に限って、相続で揉めるはずがない」
という風に思っていらっしゃる方、結構多いです。
そして、遺産相続について考えたり、相続税対策をしていなかったりする方のご家庭に限って、相続のときに大変な事になるケースが多いです。

相続の事を争族と表現する事があるのですが、相続割合などで相続人同士が言い争いになる事は珍しくありません。
これは遺言書があってもなくても、揉める時は揉めます。
相続割合などで特に問題にならなくても、不動産などを相続し、相続税が発生。
その金額が相続人にとって簡単に納入できる金額ではない場合、そしてその不動産を簡単に手放してお金にできない時、それはそれで頭を悩ませる事態になります。

自分に万が一の事があった時、相続割合および相続をする物、そして相続税の事で揉めたり相続人が困った事にならないように、生前に対策を考えるのは、やはり大切な事だと思うのです。
財産の額は、正直関係ありません。
実は、俗に言う「大金持ち」よりも「一般人」の方が、相続問題が勃発しがちです。
先日、何かの調査で見ましたが、財産価値が5000万円前後のご家庭が一番、争族が起きやすいそうです。
相続の件、他人事ではなく自分の事として、真剣に考えてみませんか?

投稿者 税理士法人 長沼税務会計事務所 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒662-0832
兵庫県西宮市甲風園1丁目5-7
西宮北口東洋ビル4階

ホームページを見た
とお伝えください

【電話番号】
0120-016-045

【受付時間】
9:00~18:00

【定休日】
日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら